admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
………………………………………………………………………………………………

[サンパウロ 20日 ロイター]
「ブラジルのサンパウロ美術館で20日未明、2点の油絵が盗まれた。うち1点はスペイン人画家パブロ・ピカソの作品で約5000万ドル(約57億円)相当の価値あるとみられている」

美術品の価値とはわからないものです。

今回被害にあったのはピカソの「Portrait of Suzanne Bloch(邦題:シュザンヌ=ブロックの肖像)」とブラジル人画家カンディド・ポルチナーリ「The Coffee Worker(邦題:コーヒー農園で働く男)」。両方ともサンパウロ美術館で最も貴重な作品だったそうです。

ピカソ『シュザンヌ=ブロックの肖像』    ポルチナーリ『コーヒー農園で働く男』
   青の時代         The Coffee Worker

貴重な作品が無事かどうか気にかかりますが、驚いたのはその被害額。
その損失、まさにプライスレス。

美術品の価値というのはどうやって決められているのでしょうか。

すばらしい作品に対して高い値をつけることは当然だと思います。
しかし美術作品を高く評価することは、他の財を低く評価することと同義です。個人の生み出した1つの財が億単位の価値を持つ。また素人には同じように見える作品でも、描いた人によって値段に大きな差が出る。「この人が描いた作品だから」という理由で高い値段が付いているのでは、と勘ぐりたくもなります。

美術評論家が褒めるから/貶すから、高い値がつく/付かない。
昔読んだ本で、若手芸術家がこうつぶやいていました。

「あの人(有名評論家)が認めてさえくれれば....」

作品を見る人が自分で価値を決めることが出来ない。
少し寂しいように感じます。

↓やはり素人の意見なのでしょうか↓
黄色いランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

追記:よく現代美術の作品を見に行きます。それでも作品の価値がわかりかねるものが多いです。ひたすら口をあけたまま会話する映像、スーパーの棚に並ぶ商品を弓矢で射ながら買い物する男性、切り株に鋸が突き刺さっているだけの「作品(無題)」。芸術家仲間でないとその価値がわからないような作品だと、一般に浸透するにはまだ時間がかかりそうです。

関連項目:
>>考える人
>>ルルドの泉
>>モンティ・ホール問題
>>日本一長いタイトル
スポンサーサイト
………………………………………………………………………………………………




私のブログに訪問くださりありがとうございます。よろしくお願いします。
【2008/01/09 21:53】 -| ずーさん #-[ 編集]
確かに芸術の価値がどのように決められているのか、てんで解りませんね。
特に日本人は芸術音痴の傾向があると昔聞いたような…。
だから最初日本で頑張っている間はぜんぜん見向きもされなかったアーティストがアメリカやヨーロッパで活躍していると聞いたとたん、みんなが注目し始める…ということも、日本ではよくあることですね。
誰か権威のある人が褒めたらそれが価値になるって、それも寂しい現実かも。
でもピカソの絵にそれだけの価値が付くということは、やっぱり「ピカソが描いたから」とか「もう新作は望めないから」とか「歴史的価値」とか、いろいろ絡むような気がしますね。

でも高校の時の美術の先生に「ゲルニカ」という作品の解説を聞いたとき、初めてゲルニカの中に描かれている人々の心が迫ってくるような気がして圧倒されたことがあります。
やはり後世に残る作品には力があるんだ…と思った瞬間でした。

でも、追記にあるような作品だと解説を聞いて理解できるか心配です。
【2008/01/23 21:41】 -| ミッチョン #00J7NHAA[ 編集]
>ミッチョンさん

>アメリカやヨーロッパで活躍していると聞いたとたん、みんなが注目し始める
どうやら日本人はあっちで評価されないとお気に召さないようで。芸術に対する正当な評価というものがあるとして、それが上手く機能しない場合優秀な人材は流出してしまうわけです。現代の日本企業と同じですね。

ちょうどいま右上の名言集に表示されていたのですが、
「教育は、本を読むことができるが、どの本が読む価値があるかを見分けることができない人口を増加させた ― G=トレヴェリヤン」

最近は「芥川賞獲ったから読む」とかいうのが流行っているそうで。たくさんある中から適当に手に取って、面白い作品に出会う旅をするも読書の醍醐味だと思うのですが。効率主義も極まれり、という感があります。

ちなみに追記にある作品の解説はそれぞれ、
・言語に頼りすぎる人間への警鐘
・人間の狩猟本能の発現とは
・(なし)
だったと記憶しています。
順番にニューヨークのMOMA、ブリスベンのクインズランド現代美術館、神戸で行われていた現代美術展で観た作品です。MOMAは一見の価値ありです。
【2008/01/25 23:40】 -| まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


管理人の承認後に表示されます【2012/11/22 09:21】

| HOME |

Powerd by kmktwo
Copyright © 2017 空に標結う, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。